• ホーム
  • タバコの害で痰が続く時は病院で禁煙するべき

タバコの害で痰が続く時は病院で禁煙するべき

タバコを吸うと当然のどや肺に悪く、喫煙者の典型的な症状にせきや痰があります。
喫煙者が、風邪ではないのにせきや痰が続く時には、タバコによってのどや肺がかなり痛められている状態です。
しかもこういう症状だけではなく、運動時に呼吸困難が起こったり、少し歩いているだけで息切れがするようになって来たら、COPDつまり慢性閉塞性肺疾患にかかっていることが疑われます。
一刻も早く禁煙しなくてはなりません。
慢性閉塞性肺疾患は、90%はタバコが原因とされている病気です。
長年タバコを吸ってきた人は肺や気管支が慢性的な炎症を起こしています。
気管支はすっかり細くなり、肺胞は壊れてしまっています。
これですと酸素を十分に取り込むことができないですし、逆に、吸った空気を思うように出すこともできません。
肺の空気の出入りがすっかり悪くなってしまっています。
なお、慢性閉塞性肺疾患は肺気腫と慢性気管支炎を合わせて表現したものです。
この二つは元々違う病名で、肺気腫とは肺胞が壊れてしまって広がったままの状態のこと、慢性気管支炎とは気管に慢性的に粘液がたまっていてせきや痰が止まらない状態のことを言います。
しかし、どちらも主にタバコが原因の肺気管支の疾患ということで、一緒にして考えられています。
これはタバコを吸っている本人だけの症状にとどまりません。
夫が家庭内でタバコを吸う時、妻に肺がんや慢性閉塞性肺疾患が多い事もわかっていますし、子どもも慢性的に呼吸器が悪くなり、痰や息切れに悩まされたり喘息になったりすることも確認されています。
タバコを吸っていて痰が長く続くような人は、早く病院で検査を受けたり、禁煙に踏み切らなくてはいけません。
病院の禁煙外来ではチャンピックスという薬で治療します。
チャンピックスはもうニコチンを欲しなくなる効果がありますから高い確率で禁煙できます。
病院で禁煙することが効果的です。

関連記事